• これからアフィリエイトに取り組みたい
  • インターネットビジネスはよくわからない
  • 家族に相談しても怪しい,危険なのでは?と心配される

アフィリエイトに限らず、ネットでお金を稼ぐということそのものに一定の危険性が潜んでいるのは事実。

今回の記事では、インターネットビジネスの一つであるアフィリエイトの危険性と正しい対処法を下記の目次でご紹介していきます。

アフィリエイトに潜む危険性

アフィリエイトの危険性に多い誤解

アフィリエイトに向いている人、向いていない人

アフィリエイトに潜む危険性

お金を稼ぐというのは、決して簡単なことではありません。

稼ぐ前と稼いだ後の2つに分けて心構えが必要です。

危険度:低い(個人情報取り扱い)

アフィリエイトを実践する上では、ブログやサイト、SNS(twitte,Facebook,Instagram)を通じて個人情報をいろいろ扱います。

例えば、

  • メール相談フォーム設置によりメールアドレスを預かることもあります
  • レンタルサーバーやドメインの管理が必須

こうした時、自分のアカウント管理だけでなく、他人の情報を取り扱う事もあります。

その上で、ふとした失敗等から個人情報を公開してしまうようなことがないようにしなければいけない。

被害者になる事ばかりではなく、加害者になる可能性も考えなければいけないのです。

個人情報漏洩対策のおすすめ

もしあなたが自分自身のブログやSNSを安全に使いたいと思うなら、パソコンやスマホ本体を含めたセキュリティ対策を徹底しましょう。

Yahooメール、Gmailなどの無料メールの取り扱いの方法も考えたい。

アカウント情報はどう管理するのか?

こうした細かい点で配慮だけでなく、準備を進めておくことをおすすめします。

情報商材などで騙される

これはすべての物が該当するわけではありません。

私自身が購入してきた商品の中にも当たり外れがあったと思う。

2000年代初めから2014年2015年という時期はまさに情報商材の全盛期だったのだと私自身は感じている。

その中で展開されているセールストーク。

この中に含まれている過剰広告や過激な表現によって多くのユーザーが誤認をしているケースがある。

  • 簡単
  • 即日
  • 誰でも
  • 1日2~3時間
  • スマホ1台で(パソコン1台で)

こんな表現があったら、正直それは、要注意。

詐欺と違い、騙そうと思って販売されている者ではない。

しかし、世の名kに多くあるマニュアルや参考書と同じで「ノウハウ」や「ハウツー本」は全員に対して結果が約束されているわけではない。

その対価として、1万円から30万円以上の商品が商品があったら、あなたはその違いや有効性を見極めることができるだろうか?

必ず稼げる世界ではない

アフィリエイトに参入するきっかけの多くが以下のような始まり。

  • 本業以外の収入が欲しい
  • 家計を助けたい
  • 自宅でお小遣いをしたい

こういう気持ちがあっても本当に全員が稼げるかというと違います。

アフィリエイトマーケティング協会の調査結果に基づくデータには、こんなデータがある。

「48%が1年目に1円も収入がなかった」

1年だけではありません。

継続は力なりという言葉が必ず当てはまる世界とは言えない。

それは、アフィリエイトも本質的な部分にはビジネスがあるということ。

インターネットビジネスとはどういうことなのか?

この答えをきちんと理解していないと成功しやすい市場であっても脱落、挫折する人はたくさんいます。

稼げるようになる対策法

どうすれば稼げるようになるのか?

この答えとして、意識しなければいけないことは以下の3つ。

  • 裏ワザや近道、最短という甘い言葉におどらされてはいけない
  • 当たり前のことを着実に正確におこなっていくこと
  • 独学でできない時にはサポートしてもらうメンター(指導者)を探す

アフィリエイトに裏ワザはない

アフィリエイトは、簡単です。

しかし、王道を守らない人はいくら時間とお金をかけても成果につながりにくいです。

独自のやり方というのはほとんど存在しません。

稼げない時には必ず原因があるし、対処法があるのです。

つまり、いろいろな意味で努力と忍耐を必要とします。

当たり前のことをしっかり行う

アフィリエイトで成功するには、結果的には当たり前のことを当たり前に実践している人です。

教材やスクール、塾などに参加しても結局その人が稼げるようになるかどうかはその人の行動力と忍耐力、努力次第です。

危険度:中(アフィリエイト報酬)

あなたがもし成果を出した時でもそのデータの通りに最終的に振り込みされるとは限りません。

どういう事でしょうか?

企業側の承認があって確定

アフィリエイトの報酬は1件単価10円以下から500円、1000円、3000円、5000円と幅広い。

これは、ジャンルやネタの選び方にも影響します。

しかし、どんな案件を扱う場合でも「報酬発生=確定ではない。」この点は理解をしておく必要があります。

なぜか?

企業側にとってもきちんと商品が発送されているかどうか(キャンセルや辞退発生)等がないかを確認する必要があります。

例えば、

  • 発送先住所の記載ミス
  • 登録用メールアドレスの記入ミス
  • 商品購入者からのキャンセルの申し出

上記のような場合には、当然報酬も却下されなければ企業は損失になってしまいます。

ですから、あくまで報酬発生=収入となるわけではない。

これはアフィリエイト会社(アフィリエイトサービスプロバイダー)の管理も含めて慎重に対応をしなければいけない。

まずは下記ASP(サービスプロバイダー)を選ぶことをおすすめします。

  • A8.net
  • アフィリエイトB
  • アクセストレード
  • LINK-A
  • バリューコマーズ

会社にバレるリスクもある

あなたは会社にバレたくないと思って副業をお探しではないですか?

もしそうなら、確実に自分で対応しておくべき課題があります。

それは、市県民税の納付手続きの問題。

どういうことか?

確定申告を行った後、翌年の市県民税が確定します。

その支払額が大きく変わるということは単純に本業以外の収入があったということ。

これが会社に知れたら、簡単にばれるのです。

ではどうすればいいのか?

市県民税の納税を必ず普通納税というかたちで自分で支払うようにしましょう。

こうすることで、基本的には会社はあなたの市県民税の額が増額した場合でもわからない状態になります。

アフィリエイトの危険性に多い誤解

いざ開始する前に誤解をしたまま不安になっている人も多いです。

  • 家族や友人に嫌われる
  • 借金などを背負うリスク
  • 詐欺に遭う可能性
  • 今の仕事をやめなければいけない?
  • ネットの口コミや評判に対する見解

順にご紹介していきます。

友人や家族に嫌われる可能性

まず最初にお伝えしたいのが、こういうことはきちんとあなたから仕組みを説明できるかどうかが問題です。

アフィリエイトとは、商品と消費者の架け橋をする存在です。

決して、売り込みをするとかサービスを押し売りするようなことではありません。

あくまで広告を紹介し閲覧してもらう。

そのために企業は広告経費を捻出するのです。

その仕事をあたかも誰かに商品を案内して買ってもらうみたいな勧誘ビジネスのような表現をしていたら、それは相手も警戒します。

借金などを背負うリスク

あくまで在庫も抱えないし、自分の持ちだしは最小限で行うビジネスである。

  • 事務所や店舗を構える必要がない
  • 在庫を抱える必要もない
  • 納品のために発送手配などをする必要もない
  • アフターサポートを受ける必要もない

上記のような条件から、賃貸契約も電話やFAXなどの聞きも用意する必要はありません。

あくまで、あなたが行うのは、メールやブログ、サイト、SNS等で情報配信を行う事。

これがやるべき事。

そして、必要最低限の経費とは以下の項目。

通信費インターネット回線費用
接続端末パソコン
ドメイン年間1000~5000円前後
(会社や対象による)
サーバー年間6000円から1万円前後
(会社やプランによる)
教材本や書籍
講座やセミナー受講
コンサル料金など

上記のような対象だけで、設備費用や水道光熱費、レジ導入費用などは全く必要ありません。

開業資金30万、50万、100万などが必要な飲食店やサロンの開業とは違います。

詐欺に遭う可能性

最近、商品の口コミなどを見ると、多くの人が簡単に詐欺だとか騙されたという表現を用いるようになった気がします。

でもアフィリエイトを実践する上で、以下のようなフレーズに気を付けていればかなり心配はないと思います。

  • SNSなどによるDMを鵜呑みにしない
  • お金儲けという言葉を信じない
  • 自由な生活という言葉も不用意に信用しない
  • 自動販売機とか不労所得なんて言葉を鵜呑みにしない

こうした気持ちがあれば、基本的にはビジネスですから、騙そうとするような人に遭遇することは少ないはずです。

しかし、一定の投資も必要だと思う時には、必ず上記のキーワードが案内の中に不必要に出ていないかを確認するようにしましょう。

今の生活のままで実践できるのか?

この点も脱サラしたいとかいずれ会社を辞めたいと思っている人にとっては、二足の草鞋を履く生活は厳しいと思っている事も多い。

しかし、この点もこう考えることが大切。

  • 帰宅後の自分のプライベートタイムを犠牲にすることは問題ない
  • 家でゴロゴロしている休日がもったいないと思っている
  • 会社の昼休みなどがあってもやることがない

こんな人がもし時間を持て余すなら、アフィリエイトに時間を費やすのもアリだと思います。

しかし、早朝から深夜まで残業をしたり、休日出勤が当たり前のようになっているなら、それは無理に今の生活に時間を生み出そうとする必要はないと思います。

ネットの口コミや評判と真実

自分でお金を稼げるようになりたいけどネット上では、あまり稼げないとか悪徳商法とかいろいろ悪い口コミも書いてある。

こういう時、結局何をどう判断するのかはあなた次第です。

結局、せどりや転売、社会的にも問題になってしまうようなYOUTUBERでも同じですよね。

インターネットを通じた広告宣伝ビジネスにおいては、基本的には自分がやりたい事を真面目に行うかどうかのほうが大事になってきた。

コロナ禍になる前には無料セミナーなどに参加して結果的に直接いろいろな説明を聞いたらやるべきと思ったという人もいたはず。

その人にとっても最初に抱いていた認識とはまるで違う真実を知って驚きを隠せなかったという声も珍しくない。

こういう時には、必ず無料相談などを対応してくれている人に直接話を聴いてみると良い。

その際、海外で生活しているとか放置しているとか遊んで暮らせるみたいな話の人はかなり胡散臭い。

そうではなく、きちんとビジネスとしての考え方を伝えている人の意見を聞いてみよう。

アフィリエイトに向いている人、向いていない人

最後に、自分はやるべきか、やめるべきか?

こんな悩みを抱えている人向けに解説していきます。

アフィリエイトが向いている人

まずは以下の項目をチェックしてください。

  • 自分が誰かに何かを伝えることは楽しいと思えるか?
  • お金儲けではなく、人のために働くことを意識できるか?
  • 自分の自由のためではなく、企業のために頑張れるか?
  • 最後には自分のためになるという考えで行動ができるか?

この4つに当てはまる人ならおすすめです。

アフィリエイトが向いていない人

反対に以下のようなタイプの人にはおすすめできません。

  • 早く結果が出てほしい
  • お金を稼げるようになったら脱サラしたい
  • もう働きたくない
  • もっと自由な生活になりたい

こういう夢を持つことは大事。

でもきつい、苦しい、大変なことから逃げたいから楽な道を探そうとしているなら、結果的にはアフィリエイトでも同じように挫折する可能性が高いです。

努力するのが面倒という人にはお金は巡ってこない。

これも世の中の基本的な考え方ではないでしょうか?