アフィリエイトで稼げるようになりたい!

自分も早く稼ぐ人のようになりたい!

私自身も初心者時代の2015年に全く同じことを考えていた。

ブログを書く方法もよくわからない。

当時はso-netブログによるトレンド系記事を書くのが主流。

初心者が最初にやって稼げるジャンルみたいに言う人が多かった。

だったら自分でも稼げるのではないか!

こう思って、色んなブログやサイトを見ながら実践。

でも稼げない。

こんな経験の時にハマった一部始終をご紹介していきます。

私のサイトは、アフィリエイトを真面目に実践するための情報を配信する目的で運営しています。

サイト運営者は、Webconsul代表錦織大輝と申します。

これまでに経験してきた流れは以下の通り。

錦織大輝

2015年1月トレンドアフィリエイトアドセンスを実践。

2015年3月アドセンスで月収14万円を達成。

2015年9月物販アフィリエイトasp案件取り扱い開始。

2016年2月アフィリエイトコンサルティング開始。

2017年地域密着のseo対策業者,webマーケティングコンサルタント事業開始。

2017年10月、12月と東京池袋、新宿でアフィリエイトセミナーを開催。

2018年はアフィリエイターとしてもビジネスコンサルタントとしても、アフィリエイトコンサルタントとしても活動。

2018年4月アフィリエイトセミナー東京池袋開催。

2019年は法人向けコンサルティング活動を中心に事業を拡大。

2020年は新規プロジェクトを開始予定。

現在は主に、企業や法人に以下のようなサービスを提供しています。

adwords広告運用代行

LPライティング代行

YOUTUBE動画制作ディレクション

サイト制作

seo対策

Webマーケティングコンサルティング

サイトを制作し、集客、販売から会社の利益に貢献する。

これが本来のアフィリエイターとしてやっていくべき仕事。

しかし、初心者が稼げるためにやってることは何か?

自己中心的で稼ぐためなら多少の嘘を言ってもバレなければOK.

こんな気持ちで書いている人があまりにも多い。

お金のためにやっている人はなかなか稼げない。

私自身がそう教えられた。

今回の記事では、ブログコンサル料金を初心者時代に間違った解釈をしていた経験をご紹介。

以下の項目で書いています。

ブログコンサル料金への先入観

ブログコンサル料金と失敗体験

ブログコンサル料金の見極め方

自分でお金を稼ぐのは大変。

社会人生活を始めてから実際自分で思った以上に稼ぎが増えた。

こんな事を純粋に言える人は少ない。

実際には転職情報やいつ会社を辞めるべきか?

こんな感じに悩んでる者のほうが多いはず。

そんな時に見る情報だからこそ注意してほしいポイントがあります。

ブログコンサル料金への先入観

私も当時はネットで情報をあさる感じの日々でした。

無料のメルマガも無数に登録。

aspや稼ぐ人のサイトでセミナーの文字があれば、いつか参加したい。

料金なんて関係ない。

とにかく早く学ぶ必要がある。

まるで何かにとらわれて生きてる感覚でした。

それでもネットでブログを書くだけでお金が稼げるかもしれない。

この可能性を知った以上は今からやるしかない。

こんな気持ちになっていた。

金額に対する期待感

コンサルの多くは、相手の事をあまりよく知らない。

でも料金は払う。

私も実際に累計200万という高いお金をいろいろな人に支払った。

この時は高いか安いかではなかった。

この金額を請求するにはそれなり理由があるはず。

サポートも解説する内容も多いはず。

当時の私は副業を始めて3ヶ月程度経過していた。

記事を書いているのも大変。

時間が足りない。

継続する作業と言われてもアイデアが思い浮かばない。

こんな悩みを抱えている時期だった。

そんな時に稼ぎ出す人の話はとても魅力的に見えた。

そして、そのやり方やノウハウがまとめられた情報が提供される。

こんな話が飛び込んできた。

だったらその人のプロフィール見てすごいと思ったら金額の価値も勝手に上げてしまう。

例えるなら、プロサッカー選手に個別指導を受ける。

自分の中では、こんなスケールの大きい内容と考えてしまっていた。

実態を知らない

最近は、徐々に高額塾に入会しても何も稼げない。

あの塾は詐欺だ。

無料コンサルと言いながら、入会後にはいちいちお金を請求される。

こんな内容が前に比べて公開されるようになった。

しかし、私が当時学んでいた時にはそんな情報はほとんど公開されていない。

というか、自分で検索をしてもヒットしなかった。

結果、自分で会社やその人のプロフィールを見て考えるしかない。

でも何よりも作業が進まない現実を誰かに救ってもらいたい。

この気持ちのほうが強かった。

結果的に、実態を知らない自分よりも期待する自分の方が上回る。

この状況が金額の価値を勝手に自分の中で妥協すべき金額と置き換えてしまっていた。

これがそもそもの間違いだった。

ブログコンサル料金と失敗体験

私はもう既にアフィリエイトを始める前に以下の状況になっていた。

家族関係は、既に結婚して第二子も生まれる直前。

住宅関係は、マイホームを購入したばかり。

この先収益がダウンしたら生活的にはかなり厳しい状態になるはず。

何かしなければいけない。

この気持ちから解放されるために何かを始めたいと活動をしていた。

ノウハウとか情報商材の答え

そもそも料金を払ってその時期に成果を出す手法を学ぶ。

これってコンサル生にとって、一過性の稼ぎになる成功ですよね?

確かに成功した事には変わりはない。

でも私たちが求めているのは、安定して収入を得ることのはず。

コンサル生になっていないと稼ぎ続けることは難しい。

こんなコメントを出されたらどう思いますか?

情報商材を購入した時にこの考え方が生まれた。

いつの手法?

この質問をしているのは誰?

成果が今年も本当にあったのか?

私は常にビジネスの中でも同じことを考えるようになった。

それがこの考え方を全くイメージしていなかった時の失敗経験に基づく考え方。

具体的な失敗パターン

私も当時はメルマガを読んでその人が悩みを聞いてくれたらいいなぁと思ったことがあった。

だからこそ、有料のコンサルを投資のつもりで支払った。

そして、メールを送った。

その反応はどうだったのか?

この現実が自分の理想と違っていた。

アドバイスをもらうどころではなかったのだ。

「こんな内容見たことがありません。」

「みんながもっと知っているジャンルをやりましょう」

「そんな難しい事書いても最初から稼ぐのは大変ですよ」

もうサイトを運営し始めていた。

そして、具体的に記事も書いていた。

もちろん簡単だと思っていたわけではない。

でも市場は大きい事は誰でもわかる。

そして、別にやることが難しいかを気にしたのではなかったのです。

「今自分がやるべきことが何か?」

この答えを期待したわけですが、結果として何の答えももらえず期間終了。

この時の支払った金額は、3ヶ月で30万円です。

ブログコンサル料金の見極め方

私は今これからアフィリエイトをやっていきたいと思う人に伝えたい。

やるからにはあなた自身がまずは行動をする。

そして、教える側にとっては、いくら実績がある人でも気を抜けない。

なぜか?

稼ぐよりも教える方が大変

自分でやるのは簡単と思うことは人それぞれ。

でもその内容を苦手に感じている人に教えるとなったらどうでしょうか?

生徒は教えてもらえると思っている。

でも指導者は、別にそこまで深く教える内容はないと思っている。

もうこの時点でイメージが全く違っているのです。

ただ単に情報化されたPDFや動画を渡されたらそれでおしまい?

これはそもそも間違いなんです。

イメージと現実も違います。

もちろんこの情報だけで早く意味も内容も理解できる人は、「ありがとう」と言えると思う。

一人でどんどんなんの迷いもなく作業も進められるかもしれない。

逆に難しい人はどうすればいい?

ここがアフィリエイトコンサルの最も重要なポイント。

コンサルタントの価値は、指導をする相手を一人ずつ個別にメニューを考える必要がある。

その環境はどうすれば整っていると言えるのか?

個別と企画の決定的な差

企画とは、一斉に10名、20名、30名等の大規模な人数を募集する商品。

大して、私が行っているような個別や個人というのは、その人一人に対しての指導環境。

選び方としては切磋琢磨が好きな人は企画。

コツコツ自分の目の前の作業に集中したい人は個別。

私はどちらかと言えば、一人でもくもくと実践したいと思った。

しかし、この感覚も企画に実際に参加したからこそ分かったこと。

塾や募集ページに多い対応

正直に言ってしまえば、塾やコミュニティ等の環境は私からしたら軍隊だった。

とても情報が多い。

でもその1つ1つに詳しい内容は不明。

そして、自分の実践している内容に合っているのか?

これも不明。

どうぞご覧ください。

ただ渡されただけ。

結果として、その内容をどう自分なりの世界観に変えるのか?

これは個人がある程度知識を持っていないと難しい。

これではその場で対応が難しいことが増える。

情報だけが増える。

結果、調べることだけが増える。

自分の作業が進まない。

結果、添削を依頼することを何度も諦めるしかなかった。

私たちは確かに情報というキーワードが好きだと思う。

価値があると思い込んでいる。

でもその商品を実際に良いと感じるタイミングはいつなのか?

それはそのページに紹介されている答えが自分のリアルの経験で実感できた時。

この点が全く見えていない人が多い。

その人の言うことなら大丈夫なはず。

まるで個人が企画者側の信者になっている感覚。

半年経って見直す内容

あなたなりの答えはいつ出すべきか?

この答えは、何に参加しても半年が重要なポイントになる。

なぜか?

180日間を経過。

この中で気持ちはもう最初の時に比べてテンションが下がっているはず。

しかし、その内容は絶対に変わってくる。

直接目にした情報から得た内容はどこまで自分の中でスキルとして型ができてきたのか?

この現実が重要。

作業的にまだ分からない点はまた違った角度から出てくると思う。

でも最初に感じていた疑問はどうだろう?

講座や講義を受けて大きな変化を実践で感じただろうか?

ココに対して何も変わらないということはその講義を受けても価値は薄かった。

このように考えるべきだと私は思ってしまう。

私が行うコンサル料金の仕組み

私は実際に無期限講座という人生最後のコンサルタント依頼という意味で仕事を受けている。

これまでに大きな金額を自らも投資と思い込んで払ってきた。

しかし、結果何も収益が入る事なく終了したことも何度も経験した。

この内容を2018年、2019に入っても相談者からたくさん聞く。

ではこの事実を知り、私は何をするべきなのか?

他の人の指導を受けている経験者にどういうことが可能なのか?

この答えは、シンプルだった。

とにかく安く設定

薄利多売をするつもりはありません。

毎日私も自分のクライアントからの依頼を受けた仕事がある。

自分の作業も実践してさらに質問にも放置せずに対応する。

この環境を1月から12月まで気が抜けない状態で継続している。

でも今もたくさんの人が収入の減少と子育てやマイホーム購入で頭を抱えている。

将来は本当に大丈夫なのか?

この言葉を夫婦や家族で話し合っている家庭は多い。

だったら、その人たちを全力で救う対応をしてみたい。

自分で調べる範囲を限定

私がサポートをしている時に力を入れているのは調べる時の行動。

とにかく1つ1つの答えにたどり着くのがとても速い。

なぜか?

その答えは、行動を限定しているから。

より詳しい検索するべきキーワードも伝える。

普通は、何か調べる時、調べ方も自分で考える。

こうすると、正しい答えがどこにあるのかも迷う。

私の場合は違う。

こういう調べ方をしてこういう内容が記載されているページを見てください。

この様に具体的な指示を出す。

だから早い。

結果がすぐに出てくる。

これが本来ネットを使っていて便利だと感じる形。

これを実現させるサポートを継続する事が私の責務だと思っている。

自分の人生経験を活かす

私の教えは、あくまで個性を活かす。

ジャンルやネタもあなたの得意や好きを活かす。

これまでやってきた事をどのように表現するべきなのか?

こういう視点でやっていけるのがアフィリエイト。

何を紹介するのか?

この視点をどう考えたら答えがスムーズに出てくるのか?

これが初心者やまだ稼ぎが出ていない人に多い悩みのポイント。

この点をじっくりその人とスカイプ音声をしながら教えている。

結果が出始めた後が勝負

私の無期限講座の目標は安定化。

これからも長くやっていけるスキルを身につける。

そのために必要なのは、SEO対策。

実際に私が受講生に今自分が運営しているサイトを提示してる。

その内容を毎日見てる状況。

実際に運営の期間が長くなればその内容をどこまで続けるのか?

どのようにリスク分散をするのか?

こうした疑問も出てくる。

そうした時に、SEO対策の観点からどのように対処をするべきか?

このような立場からコンサルティングを個別に行っています。

私の指導の料金については、

アフィリエイトアドセンス物販併用コンサルタント実践記

にてご案内をしております。