アフィリエイトはとにかく作業が多い。

  • ネタやジャンルを探す、選ぶ
  • ドメイン、サーバーの契約
  • ワードプレスやプラグインの設定
  • キーワード選定
  • 記事作成
  • SNSの登録や設定

何を書くのかも曖昧な状態では、時間が過ぎるのも早い。

結果、何か良い方法は無いのか?

こんな考え方から、以下のような方法にたどり着く人は多い。

  • 外注
  • ツール
  • 作業環境を変えて集中してやってみる

自分の手や頭を使ってとにかく稼ぐために頑張る。

今あなたの頭の中にはこんな言葉がピッタリなはず。

「どのように検索すれば自分がやっていける方法にたどり着けるのか?」

結論を先に書いてしまうなら、楽して稼ごうとする時点で負けです。

私が今の状況にたどり着いたのにも、経路があります。

実際に作業が進まない初心者時代に抱えた悩みと共にご紹介していきます。

アフィリエイト作業が進まない時の心境

アフィリエイトをかれこれ4年、もうすぐ5年が経つ。

成果が出るようになった時、ふと昔を振り返る。

その時に、自分があの頃どんなに無駄な時間を過ごしていたのかを考える。

教材などのレビューの価値

私はもう他人のメルマガを読む気もしない。

なぜそうなったのか?その理由はいたって単純だった。

「どうせこの人の持つノウハウも情報も自分と全く違うかもしれない。」

こんな風に思ってしまったのは過去の経験からの学びだった。

稼げるようになる前は私も常に何か便利なツールや教材を手にする事に興味津々だった。

  • おすすめのワードプレステーマ
  • キーワード一覧を効率よく抽出するツール
  • 売れ筋の商品を一覧で出してくれるツール
  • 特典付き

こんな文字に踊らされていた。メルマガ購読者限定の特典。

無料で受け取れるという言葉に必死にいくつも登録をして熟読する。

記事作成よりも紹介している内容を見ることに熱心になっていた時期がある。

でもその内容を読んだり使ったりしても結果はどうなったのか?この答えは、とても簡単。結果的に自分のやるべき作業には何も影響がなかった。

どうしてなのか?

いくらおすすめと言われても仕事が違ったら、価値観も違いますよね。

記事を書く作業も全く同じ。記事作成という文字は同じことを実践している。しかし、その中身は大きく異なる。

つまりは、その人が解説しているのは、あくまでかなり偏ったジャンルの可能性も高いということ。

これは私自身にも同じことが言えるのではないのか?

アフィリエイト作業が進まない時の 雑念

今あなたはかなり焦りが出ていると思う。

色々なメールを読んで、それぞれの人が言っている内容に耳を傾ける。でも結果は全て似た事を言っていると気付く。

何通かのメルマガが到着した後には、だいたい限定の企画の案内が始まっていく。結局は初心者に少しでも自分の商品を買ってほしいと活動をしているだけという現実が待っている。

つまりは、邪魔をしているのと同じ状況になっているということに気付いていない。

稼げるコツをまとめようとする

あなたは何か自分の目で見て頭で理解した上で作業を進めようとしていませんか?

これって結果としてライバルにどんどん先を越されているということに気付いていますか?

執筆活動をする人が自分なりのやり方でやっていくと必ず似た感じの壁にぶち当たる。

  • SEO対策
  • アクセス数
  • 滞在時間
  • SNSの拡散などの反応

結果、自分がこのまま執筆活動を続けても稼げる状態にならないと疑問を抱くようになる。

仕事をする時と同じ感じのイメージを持つ人は少ない。

仕事は失敗を恐れずにまずは始める。そして相談してようやくミスの無い効率の良い方法を見つけ出すようになる。

こういう経験を多くの人が社会で学んでいる。記事を作ることも同じなんです。

結果として、プロフィール1つでもまず一度は作ってみて何が悪いのかを客観的に確認する。

これが出来るかどうかが非常に大切になる。

まとめるとは、自分のコンテンツから自分なりのレポートを作り上げる必要がある。

これがアフィリエイトで成功するために絶対に必要になる作業。

これを全て他人任せみたいに考えてしまったら、自分が考えなければいけない事を放棄している状態になる。

そんな人にこの先今より記事が良くなる方法が見つけられるはずがないのです。

アフィリエイト作業が進まない時の課題

今の自分に何ができるのか?

どの悩みをまずは解消するべきなのか?

どうすればお金を稼ぐことができるのか?

こんな悩みを多くの人が考えている。

しかし、やっぱりこの答えは全て自分で気付くしかない。

同じような内容を多くの人が読む。

そして、その中に何かヒントとなる内容を見つける。

その中身は人によりやっぱり違ってくるのです。

  • リンクに注目する人
  • 投稿の質が違うと考える人
  • 知りたいと思う事が書いてあったと思う人

他人と同じことを考えているとは言い切れないのです。

あくまで自分と他人は違う。公開された内容を見ている段階でその差は顕著に出ているのです。

自分と他人を比較しない

私がまずあなたに伝えたいのは時間を制限するということ。

作業の効率化。

この言葉を一旦は頭から除外していただきたい。

何を試してほしいのか?

この答えは、あなたが今の自分にどこまで何ができたのかを正確に把握するということ。

何を書くのかを決めるのは何分かかる?

自分の手が止まったのは何分?

集中していたと感じるのはどのくらいの時間?

やっていて自分に何ができているのか?

逆に何が一番苦手なのか?

この答えを1つ1つ正確に把握することがまず最初のスタートライン。

正確性よりも性格を把握

自分と他人が同じノウハウを見ても解釈は全く別になる可能性はある。

だったら、まずは自分にとって何をやっている時が楽しいと感じるのかを考えるよりも感じてほしい。

どんな趣味や嗜好品でも同じだと思う。

例えば、車の運転が好きな人にとって、ドライブというのは何時間でも楽しい。

でも車の運転が苦手という人にとっては、たとえ往復1時間でも疲れてしまう。

この二人の特性から何をして稼ぐのかは大きく異なるはず。

運転が好きな人にとっては、運転に集中する力があるなら、ドライバーなどの仕事を探す事も可能になる。

でも反対に苦手な人にとっては、車の運転を避ける仕事選びが重要になる。

このようにやっていくと、自分に一体何が書けるのか?

この答えをキーワードだけでなく、細かな視点でちぇっくをすることができる。

レビューが好きなのか?

感想が好きなのか?

オススメをつ与えることが楽しいのか?

このように1つの内容についても、あなたが気になる視点は何かを考える事が重要になる。

あなたの特性を活かすことを意識しないと効率性は変わらない。

ただやっていればいいのではありません。

あくまで、あなたが伝えるべき情報をきちんと把握した状態で記事を書かないと意味がない。

この意識をもつだけでもかなり今日のこの記事を見る前と後で変わってくると思います。

私は初心者向けに無期限の講座を実施しています。

興味がある人は、ご覧ください。

アフィリエイト初心者無期限講座